更年期のイライラ

3401742_s.jpg
更年期に多くの女性が経験するのがイライラ感。更年期障害の症状の一つであるイライラの原因と対処法などについて掲載しています。

更年期のイライラの原因


さまざま症状があらわれることで知られる更年期障害。閉経が訪れる50歳前後の10年間に症状があらわれやすくなります。

頭痛や肩こり、下腹部痛など身体面への影響もよく知られていますがそれ以上に顕著にあらわれるのが精神面への影響。とくにイライラは更年期にさしかかった女性のほとんどが経験することになり代表的な症状です。あるデータでは更年期障害を経験した女性のおよそ7割がイライラに悩まされると言われています。

とくに理由もないのにイライラしてしまう、周囲に当り散らしてしまうといった状態が続き、そのたびに自己嫌悪を覚えてしまいます。周囲の理解もなかなか得られず孤立した状態になってしまうことも。それがますます精神面に悪い影響を及ぼしてしまうという悪循環にはまりこんでしまう恐れもあります。

更年期障害がもたらすイライラはエストロゲンの減少がおもな原因です。卵巣機能の低下により女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が減少してしまいホルモンバランスが崩れてしまうのです。その結果自律神経のコントロールも思うようにいかなくなってしまい、イライラや不安感といった精神面の不安定化が進んでしまうのです。

あまり症状が酷い場合だと精神安定剤などが処方されることもあります。現在ではまた更年期障害に対して医師の治療を受けることが十分に定着していない状況です。しかし更年期のイライラを放置することで精神面に深刻な問題が発症してしまうこともあります。イライラからうつ症状へ進んでしまうこともあります。更年期障害のイライラに悩まされている場合には精神科への受診も含めた本格的な治療も検討する必要があるのでしょう。

更年期のイライラで注意したいこと


更年期になると多くの女性が経験することになるイライラ。更年期障害の代表的な症状です。更年期障害に悩まされる女性のおよそ7割が日常的なイライラ感に悩まされるといわれているほか、最近では男性の更年期障害も大きな関心を集めています。

更年期障害がもたらすイライラの背景にはさまざまな要素が潜んでいます。もっとも大きな要因とされるのがエストロゲンの減少。これによって自律神経のバランスが崩れてしまうのです。しかし原因はそれだけに留まりません。更年期障害によってもたらされる他の症状。たとえば頭痛や肩こり、不眠など。こういった症状が精神面に負担をかけてしまい、ますますイライラが高まってしまうのです。

とくに更年期にさしかかる50歳前後というのは私生活にさまざまな悩みを抱えている時期です。夫婦関係、子供との関係、家庭の経済環境。最近では親の介護の問題などものしかかってきます。そういった不安や負担が精神面に重くのしかかっているところに更年期のイライラが襲いかかることでさらに厳しい状態に陥ってしまうこともあります。最悪の場合、更年期のイライラが引き金になってうつ病など本格的な精神疾患にかかってしまうことも。

更年期障害はなかなかまわりの人に理解されないもの。イライラを当り散らしているうちに孤立してしまうリスクもあります。そうならないためにも更年期障害によってイライラがもたらされることを事前に家族などに話しておく必要があります。ひとりで抱え込まずに周囲のサポートを得ながら、必要となれば医師の治療も受ける。そんな環境作りがまず第一となってくるでしょう。

更年期のイライラの治療法


更年期のイライラはおもにエストロゲンの分泌量が減少することによってもたらされるといわれています。

更年期障害を代表する症状として知られるのがイライラ感。とくに原因がないにも関わらずちょっとした理由でイライラしてしまい、まわりに当り散らしてしまう。その結果孤立してしまい更年期障害の悩みを1人で抱え込んでしまうというケースに陥ってしまうことも。

そんなことにならないためにはしっかりとした治療が必要になります。更年期のイライラを解消する治療方法として有効なのがホルモン補充療法です。これは広く更年期障害全般の治療法として使用されているものですが、分泌量が低下したエストロゲンを補充することによってホルモンバランスの乱れを調節する方法です。その結果乱れがちだった自律神経が元通りになり、精神面の安定もとれるようになってイライラ感が和らぎます。

イライラの症状が酷い時には精神安定剤や精神科でのカウンセリングも必要になる場合もあります。日常生活の悩みなどが更年期のイライラをさらに悪化させている場合などはとくに精神科の治療が重要になってきます。

身体面の不調と異なり、イライラなど精神面の症状ははっきりとした形であらわれないため、なかなか周囲の理解を得られず本格的な治療を受ける機会を得られないという問題があります。それだけに早めの診察・治療が重要なポイントとなってくるでしょう。治療をすれば必ず効果はあらわれますから、イライラに悩まされている人はためらわずに一度医師の診察を受けてみてはいかがでしょうか。

更年期のイライラと日常生活


更年期障害がもたらすイライラは数ある症状の中でももっとも厄介なものの一つです。身体的な症状のようにはっきりとわかりやすいものではありませんし、日常生活の悩みなどが重なるとますます悪化してしまうことも多いからです。周囲の理解も得られにくいため、効果的な対策をとることが難しいのもイライラの大きな問題です。

更年期のイライラを解消するためにはホルモン補充療法や精神安定剤といった治療法のほか、日常生活の改善も不可欠となります。とくに50歳前後の更年期には心身の悩みを多く抱えがち。日常生活で蓄積するストレスがイライラをさらに高めてしまっている可能性もあるのです。

まず更年期障害であることを家族に話し、理解してもらうことが大事です。イライラしたり、当り散らしてしまうとどうしても周りの人は遠ざかってしまいます。周りの人がともに悩みを共有し、症状に向き合ってくれる環境を作ることが第一となるでしょう。

それからストレスとうまく付き合っていける環境作り。ストレス社会と言われる現代社会、ストレスを感じないで過ごすことは難しいもの。その感じたストレスをいかに蓄積せずに解消できるかも更年期障害の症状を軽くするポイントとなります。熱中でき、人生に張りをもたらしてくれる趣味を見つけること、家族団らんなど1日の中でリラックスできる時間を作ること、物事をあまり真剣に考え込まないようにすることなどの対策が効果的です。これは更年期障害の治療法で用いられる心理療法の一環として行われることも多く、状況に応じてカウンセリングも受けることも必要になってくるでしょう。

更年期障害と向き合うにはまず生活環境の改善から。そのことを忘れずに日々の生活を送りたいものです。

更年期のイライラと他の疾患の関係


イライラは更年期障害の代表的な症状です。更年期障害を経験している女性のおよそ70%がなんらかの形でイライラに悩まされているといわれています。

更年期障害のイライラは卵巣機能の低下によるエストロゲンの分泌量低下がおもな原因と言われています。それによってもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンとのバランスが崩れてしまい、自律神経がうまく機能しなくなってしまうのです。

しかし、イライラは必ずしも更年期障害が原因と限りません。別の疾患が原因に起こっている可能性もあります。更年期にさしかかる50歳前後は心身にさまざまな問題を発症しやすい時期でもあります。イライラの原因が更年期障害によるものなのか、他の疾患によるものなのかの判断も重要になってきます。

たとえば神経症性障害。過度なストレスや不安などによって起こる疾患です。パニック障害や適応障害などもこの疾患に含まれます。

あるいはうつ症状などの気分障害。気分や感情が極端に上下する場合には注意が必要です。イライラだけでなく人生に対する虚しさや孤立感を感じやすくなるという特徴もあります。
それから心身症。ストレスなどの心理的な要因によって呼吸器系や皮膚に問題が発症するケースです。狭心症やぜんそく、胃痛、あるいは円形脱毛症などが代表的な症状として挙げられます。

これらの症状は更年期のイライラと区別が難しい場合があります。また同時に発症することによってより悪化してしまうことも。イライラに悩まされている場合にはこれらの疾患との見極めも重要になってきます。更年期障害の場合、医師の治療を受けずに済ませてしまうケースが多いものです。しかしこれらの疾患を見つけ、治療するためにもできるだけ診察を受けるようにしましょう。

この記事へのコメント

高齢者宅のごみ片付け屋さん

遺品整理・特殊清掃・ごみ屋敷の片づけにお困りの方は清掃のプロフェッショナル、特殊清掃プロストにお任せください。
ご高齢には負担になる作業や困難な作業、危険を伴う作業も心を込めて対応いたします。
近年、高齢者一人暮らしによるゴミ屋敷事例が多くあります。住まいを良くするためにぜひご利用ください。

福岡特殊清掃のプロスト